髪に栄養を与え、
艶と潤いのある
健やかな髪へと
導きます

洗い流さないトリートメント out bath hair treatment
candy oil × candy milk

ボタニカルオイルを豊富に配合
世界一ビタミンが豊富なスーパーフード「カカドゥープラムオイル」を配合
古来より美に効果的と言われる「インカナッツオイル」を配合
合成着色料フリー/アルコールフリー/紫外線吸収剤フリー

ボタニカル(植物の魅力) ×
ケミカル(科学の力)

2つの優しさが出逢いあたなの髪に新たな魅力を。

9種類のボタニカルオイルと高補修シャイニングテックオイル高補修ナチュラルベールを独自処方
紫外線・パーマ・カラーなどで傷んだ髪のケアに欠かせない洗い流さないトリートメント
ダメージを補修し、指どおりの良いツヤ髪へ

ゴワつく髪も重くならず、
なめらかなツヤのある髪へと導きます。
candy oil
洗い流さないヘアオイルトリートメント

高補修シャイニングテックオイルで輝きとおさまりを。

キャンディー オイル(candy oil)100ml

4,290円(税込) + 送料

カカドゥプラムオイル:
毛髪の水分量を調整するオーガニック植物。
高補修シャイニングテックオイル(独自処方):
キューティクルに吸着&しなやかに保湿。

高い抗酸化力でオイルなのにベタつかない、更に少量で十分なツヤ感

少量でもツヤとまとまりを出します
過剰なコーティングを行わないため、オイルでありながらベタつきが非常に少なく、乾かし時間が短い、手に残りにくいなど、不快感も少ない為、オイルに抵抗があるお客様でも安心してご使用いただけます。
ショートスタイルからロングスタイル。ローダメージからハイダメージ。軟毛から剛毛くせ毛まで、使用量に応じて様々なスタイルや髪質に対応する事が可能です。

ボタニカルオイルを豊富に配合

  • カカドゥープラムオイル
    原野に自生するオーガニック植物で何千年も前から食用だけでなく治療にも使われてきました。果実にはオレンジの100倍の量となる、世界一ビタミンC(7000mg/100g)が含まれています。優れた抗酸化作用を発揮するスーパーフルーツです。また、天然のポリフェノール類を豊富に含んでいます。その中の1つエラグ酸は、アンチエイジングにも良いといわれている成分です。

    ※抗酸化作用/アンチエイジング/毛髪水分量を調節/残留塩素除去
  • インカナッツ(サチャインチ)オイル
    古代インカ文明の時代からアマゾン原産のサチャインチの種子より摂油されてきたエクストラバージンオイルです。天然ビタミンを豊富に含み、抗酸化作用に優れております。古来より、強い日差しから肌や髪を守る為に使われてきたと言われる長い歴史のある天然オイルです。

    ※抗酸化作用/エイジングケア
  • オリーブ果実油
    主成分はオレイン酸という脂肪酸で、全体の7〜8割を占めている。オレイン酸は人の皮脂にも含まれている成分で、髪のキューティクルにも含まれているので髪に塗った時にとても馴染みがよく、髪の潤いを保ってくれる効果があると言われております。
    更に硬くなった肌を柔らかくすることで肌トラブルを軽減いたします。

    ※髪と頭皮の保湿効果
  • シュガースクワラン
    一般的なスクワランはサメ類の肝油から得られますが、シュガースクワランは、従来のスクワランと同様の性能を維持しながら、再生可能な植物資源であるサトウキビを原料として、環境に配慮した製法で製造されたものになります。このことからCO2排出削減など環境保護に貢献している原料と言えます。

    ※細胞の活性化/浄化作用/浸透作用 /頭皮の柔軟化作用
  • メドウフォーム
    北アメリカ温帯地域に生息し、春先に牧場を白い泡のような花で埋め尽くすことから“meadow foam(牧場の泡)”と呼ばれています。毛髪表面及び内部の疎水的性質を強化します。この性質により毛髪に対して以下の効果が期待できます。

    ※ダメージ毛の改善/毛髪のクシ通りの改善&帯電の防止/保湿効果/紫外線防止効果
  • ホホバ種子油
    不毛地帯や半砂漠地帯でもよく育つ力強い植物です。人間の皮脂とよく似た構造のため肌なじみが良く、表皮に薄い膜をつくり、お肌の水分蒸発を防ぎます。酸化されにくいため保存性にも優れています。さらっとしたテクスチャーでなめらかで、しっとりツヤのある髪へと導きます。

    ※高保湿効果/バリア機能で乾燥や紫外線から保護
  • アボカド油
    アボカドから抽出されたオイルです。美容や健康にもよいと言われており、その効果に注目が集まっています。アボカドオイルにはオリーブオイルの約2.5倍「ビタミンE」を多く含んでいます。ビタミンEは強力な抗酸化作用を持ち、老化や病気の原因とされる活性酸素から体を守る力があると言われております。

    ※美肌ケア/エイジングケア/血行促進効果
  • Fragrance 日々のストレスをフローラルフルーティーグリーンの香りでリフレッシュ

効果を最大限に
引き出す使用方法

シャンプー後の濡れた髪につけます。

  • 1.タオルドライ洗い流さないトリートメントの効果を引き出すのにもっとも重要なのが、付ける前のタオルドライです。タオルドライが不十分で、髪に水分が残っているとトリートメントの栄養や油分が浸透しません。 ※ポイント:髪が濡れている状態はダメージを受けやすい状態なので、タオルで髪を挟むようにして、軽くギュッと抑えながら水分をとります。

    2.適正量を手に出す付け過ぎても、付けなさ過ぎてもよくありません。 ショート:1〜2プッシュ
    ミディアム:2〜3プッシュ
    ロング:3〜4プッシュ
    適正量の目安は髪が乾いた時に、髪の手触りが柔らかくサラサラに感じるくらいがベストです。ベタつくと感じる場合はつけ過ぎの証拠です。

    3.髪になじませる髪にムラなくつける為に、手のひらで一度伸ばし、指と指の間まで馴染ませてから髪に付けるようにしましょう。

    4.毛先から付ける一番ダメージがあり乾燥しやすい毛先から付けていきます。優しく手ぐしを通すように付け、髪がしっかりと吸収するように軽く揉みこみましょう。同様に中間部分に馴染ませていきます。 ※ポイント
    トリートメントを根元(頭皮)に付けないようにしてください。
    手で髪をこすり合わせながら付けてしまうと、キューティクルを傷めるので注意してください。

    5.コーミング目の粗いコーム(くし)でコーミングすることで、洗い流さないトリートメントをムラなく均一に付けることができます。

    6.ドライヤードライヤーは根元→中間→毛先の順番で乾かします。髪の温度が上がり過ぎないように左右交互に乾かしましょう ※ポイント
    毛先のダメージが気になる方は、2度付け。
    半分乾いたら、もう一度少量のトリートメントを毛先につけてコーミングで均一になじませましょう。

髪質から選ぶ

  • 髪質
    種類
  • ダメージ毛
    キャンディーミルク+オイル
  • 乾燥毛
    キャンディーオイル
  • 硬毛
    キャンディーミルク
  • 軟毛(柔らかくて細い髪)
    キャンディーミルク
  • 硬くて膨らみやすい髪
    キャンディーミルク
  • クセ毛で膨らみやすい髪
    キャンディーミルク+オイル
ダメージ毛
ダメージ髪の方には、修復効果の高いキャンディーミルクがおすすめです。ブリーチやカラー、パーマを繰り返しているハイダメージ毛は、ミルクを付けた後にオイルを重ねて付けすることをおすすめ致します。
乾燥毛
乾燥毛の方には保湿力の高いキャンディーオイルをおすすめいたします。

※効果的な使い方は、乾かす前の濡れた髪に付けます。
ドライヤーで70%程乾かしたら、再度少量を毛先に付けて乾かします。髪内部の水分を逃さないように、再塗布すると乾燥を防ぐことができます。
硬毛
硬い髪は水分をはじき乾燥しやすいので、キャンディーミルクを中間から毛先に付けましょう。しっとりしやすいので、根元付近は付けないようにしてください。
軟毛(柔らかくて細い髪)
細くて柔らかい髪は、しっとりしすぎるとペシャンコになります。
キャンディーミルクを毛先中心に付けるようにしてください。
特に根元付近の髪は、ボリュームダウンするので付けないようにしてください。
硬くて膨らみやすい髪
硬くて、膨らみ、水をはじくような髪質の方には、キャンディーミルクがおすすめです。
濡れている状態で使うとボリュームダウンしやすく、まとまり感のある仕上がりになります。
クセ毛で膨らみやすい髪
クセで膨らみやすい髪は、キャンディーミルクをつけてからキャンディーオイルを付けることをおすすめ致します。
ミルクで全体的な質感を整え、オイルでフタをするイメージで重ねてつけます。

高補修シャイニングテックオイルで輝きとおさまりを。

キャンディー オイル(candy oil)100ml

4,290円(税込) + 送料

カカドゥプラムオイル:
毛髪の水分量を調整するオーガニック植物。
高補修シャイニングテックオイル(独自処方):
キューティクルに吸着&しなやかに保湿。

自然なまとまりのある、
やわらかくサラサラな髪へと導きます。
candy milk
洗い流さないヘアミルクトリートメント

高補修ナチュラルヴェールでかろやかな質感へ。

キャンディー ミルク(candy milk)100ml

4,290円(税込) + 送料

カカドゥプラムオイル:
毛髪の水分量を調整するオーガニック植物
高補修ナチュラルヴェール(独自処方):
ダメージ毛を柔らかヴェールで保湿

特徴

髪の広がりを重さで抑えるのではなく毛髪の柔軟性を高めることによってまとめる新発想。
ダメージ毛やエイジング毛は、パーマ、カラーや日常生活によって水分や油分が失われ、まとまりがでなくなったり、水分量が少なくなることで硬さを感じます。
そこで主要成分であるラノリンとシュガースクワランを使用することで毛髪に柔軟性と保湿を促します。
超高生成ラノリン・・・18-MEA(羊毛から取れる天然の18-MEA)毛髪のタンパク素性と近い為、毛髪への吸着性が高く柔軟性を向上させれことができます。

ボタニカルオイルを豊富に配合

  • カカドゥープラムオイル
    原野に自生するオーガニック植物で何千年も前から食用だけでなく治療にも使われてきました。果実にはオレンジの100倍の量となる、世界一ビタミンC(7000mg/100g)が含まれています。優れた抗酸化作用を発揮するスーパーフルーツです。また、天然のポリフェノール類を豊富に含んでいます。その中の1つエラグ酸は、アンチエイジングにも良いといわれている成分です。

    ※抗酸化作用/アンチエイジング/毛髪水分量を調節/残留塩素除去
  • インカナッツ(サチャインチ)オイル
    古代インカ文明の時代からアマゾン原産のサチャインチの種子より摂油されてきたエクストラバージンオイルです。天然ビタミンを豊富に含み、抗酸化作用に優れております。古来より、強い日差しから肌や髪を守る為に使われてきたと言われる長い歴史のある天然オイルです。

    ※抗酸化作用/エイジングケア
  • オリーブ果実油
    主成分はオレイン酸という脂肪酸で、全体の7〜8割を占めている。オレイン酸は人の皮脂にも含まれている成分で、髪のキューティクルにも含まれているので髪に塗った時にとても馴染みがよく、髪の潤いを保ってくれる効果があると言われております。
    更に硬くなった肌を柔らかくすることで肌トラブルを軽減いたします。

    ※髪と頭皮の保湿効果
  • シュガースクワラン
    一般的なスクワランはサメ類の肝油から得られますが、シュガースクワランは、従来のスクワランと同様の性能を維持しながら、再生可能な植物資源であるサトウキビを原料として、環境に配慮した製法で製造されたものになります。このことからCO2排出削減など環境保護に貢献している原料と言えます。

    ※細胞の活性化/浄化作用/浸透作用 /頭皮の柔軟化作用
  • メドウフォーム
    北アメリカ温帯地域に生息し、春先に牧場を白い泡のような花で埋め尽くすことから“meadow foam(牧場の泡)”と呼ばれています。毛髪表面及び内部の疎水的性質を強化します。この性質により毛髪に対して以下の効果が期待できます。

    ※ダメージ毛の改善/毛髪のクシ通りの改善&帯電の防止/保湿効果/紫外線防止効果
  • ホホバ種子油
    不毛地帯や半砂漠地帯でもよく育つ力強い植物です。人間の皮脂とよく似た構造のため肌なじみが良く、表皮に薄い膜をつくり、お肌の水分蒸発を防ぎます。酸化されにくいため保存性にも優れています。さらっとしたテクスチャーでなめらかで、しっとりツヤのある髪へと導きます。

    ※高保湿効果/バリア機能で乾燥や紫外線から保護
  • アボカド油
    アボカドから抽出されたオイルです。美容や健康にもよいと言われており、その効果に注目が集まっています。アボカドオイルにはオリーブオイルの約2.5倍「ビタミンE」を多く含んでいます。ビタミンEは強力な抗酸化作用を持ち、老化や病気の原因とされる活性酸素から体を守る力があると言われております。

    ※美肌ケア/エイジングケア/血行促進効果
  • Fragrance 日々のストレスをフローラルフルーティーグリーンの香りでリフレッシュ

効果を最大限に
引き出す使用方法

シャンプー後の濡れた髪につけます。

  • 1.タオルドライ洗い流さないトリートメントの効果を引き出すのにもっとも重要なのが、付ける前のタオルドライです。タオルドライが不十分で、髪に水分が残っているとトリートメントの栄養や油分が浸透しません。 ※ポイント:髪が濡れている状態はダメージを受けやすい状態なので、タオルで髪を挟むようにして、軽くギュッと抑えながら水分をとります。

    2.適正量を手に出す付け過ぎても、付けなさ過ぎてもよくありません。 ショート:1〜2プッシュ
    ミディアム:2〜3プッシュ
    ロング:3〜4プッシュ
    適正量の目安は髪が乾いた時に、髪の手触りが柔らかくサラサラに感じるくらいがベストです。ベタつくと感じる場合はつけ過ぎの証拠です。

    3.髪になじませる髪にムラなくつける為に、手のひらで一度伸ばし、指と指の間まで馴染ませてから髪に付けるようにしましょう。

    4.毛先から付ける一番ダメージがあり乾燥しやすい毛先から付けていきます。優しく手ぐしを通すように付け、髪がしっかりと吸収するように軽く揉みこみましょう。同様に中間部分に馴染ませていきます。 ※ポイント
    トリートメントを根元(頭皮)に付けないようにしてください。
    手で髪をこすり合わせながら付けてしまうと、キューティクルを傷めるので注意してください。

    5.コーミング目の粗いコーム(くし)でコーミングすることで、洗い流さないトリートメントをムラなく均一に付けることができます。

    6.ドライヤードライヤーは根元→中間→毛先の順番で乾かします。髪の温度が上がり過ぎないように左右交互に乾かしましょう ※ポイント
    毛先のダメージが気になる方は、2度付け。
    半分乾いたら、もう一度少量のトリートメントを毛先につけてコーミングで均一になじませましょう。

髪質から選ぶ

  • 髪質
    種類
  • ダメージ毛
    キャンディーミルク+オイル
  • 乾燥毛
    キャンディーオイル
  • 硬毛
    キャンディーミルク
  • 軟毛(柔らかくて細い髪)
    キャンディーミルク
  • 硬くて膨らみやすい髪
    キャンディーミルク
  • クセ毛で膨らみやすい髪
    キャンディーミルク+オイル
ダメージ毛
ダメージ髪の方には、修復効果の高いキャンディーミルクがおすすめです。ブリーチやカラー、パーマを繰り返しているハイダメージ毛は、ミルクを付けた後にオイルを重ねて付けすることをおすすめ致します。
乾燥毛
乾燥毛の方には保湿力の高いキャンディーオイルをおすすめいたします。

※効果的な使い方は、乾かす前の濡れた髪に付けます。
ドライヤーで70%程乾かしたら、再度少量を毛先に付けて乾かします。髪内部の水分を逃さないように、再塗布すると乾燥を防ぐことができます。
硬毛
硬い髪は水分をはじき乾燥しやすいので、キャンディーミルクを中間から毛先に付けましょう。しっとりしやすいので、根元付近は付けないようにしてください。
軟毛(柔らかくて細い髪)
細くて柔らかい髪は、しっとりしすぎるとペシャンコになります。
キャンディーミルクを毛先中心に付けるようにしてください。
特に根元付近の髪は、ボリュームダウンするので付けないようにしてください。
硬くて膨らみやすい髪
硬くて、膨らみ、水をはじくような髪質の方には、キャンディーミルクがおすすめです。
濡れている状態で使うとボリュームダウンしやすく、まとまり感のある仕上がりになります。
クセ毛で膨らみやすい髪
クセで膨らみやすい髪は、キャンディーミルクをつけてからキャンディーオイルを付けることをおすすめ致します。
ミルクで全体的な質感を整え、オイルでフタをするイメージで重ねてつけます。

高補修ナチュラルヴェールでかろやかな質感へ。

キャンディー ミルク(candy milk)100ml

4,290円(税込) + 送料

カカドゥプラムオイル:
毛髪の水分量を調整するオーガニック植物
高補修ナチュラルヴェール(独自処方):
ダメージ毛を柔らかヴェールで保湿